main_visual
トップお知らせ > 日本顎咬合学会北海道支部学術大会に参加してまいりました

お知らせ

日本顎咬合学会北海道支部学術大会に参加してまいりました

2016.10.19

もう秋です。もうですか??と疑いたくなるくらい

時間の経過が早いです。

 

さて、10月16日に行われた日本顎咬合学会の

北海道支部大会に衛生士:松山・長澤・阿部・馬場が参加しました。

今回の特別講演は谷口威夫先生・山岸貴美恵先生による

『6㎜以上の歯周ポケットを歯周基本治療できっちり治す』というもの。

中度以上の歯周病を歯周病の基本的な治療のみでいかに治すか、

しかも『きっちり治す』というところに重きを置いているのです。

歯周病をきっちり治す。。。

みなさん、これって難しい事なんですよ。

この講演できっちり治っている事、確認しました。はい。

難しいことなんて言っていませんが、目から鱗な事がたくさんありました。

即、診療室で活かせる事がたくさんあり口腔内の観察の仕方

アプローチの仕方に変化をつけられそうです。

また更に歯周病の治療に熱が入りそうです!!

 

歯ぐきから出血がする、口臭がする、クリーニングをした事がない

最近硬いものが噛みづらいなど思い当たる方は、一度歯科受診を

おすすめします。

 

トップへ