main_visual
トップお知らせ > 気になる『口臭』のお話

お知らせ

気になる『口臭』のお話

2014.12.02

こんにちは。

今回は、誰もが気になる『口臭』についてのお話をしたいと思います。

『自分って口臭あるのかな?』、『もしかして匂ってる??』など

気になるけど聞けない事ってありますよね。

そこで、まずは口臭チェック!!

★口の中が乾燥する

★虫歯がある

★歯茎から出血する

★コーヒーやタバコが好き

★胃腸が弱い

★ストレスが多い

いかがですか?当てはまる★はありますか??

 

口臭といっても色々種類があります。

起床直後や空腹時、緊張時などに起こる口臭を『生理的口臭』

嗜好品や食べ物による口臭

ストレスによる口臭 などなど。

生理的口臭は、唾液の分泌が減少し細菌が増殖してしまう事により起こる口臭ですので

歯磨きや食事をしたり水分を取ることにより改善します。

ですから治療の必要はないと考えられます。

嗜好品や食べ物による口臭は、食べるモノを注意しましょう(笑)

 

私たち歯科医院が改善出来る口臭は、『病的口臭』と言い

消化器、耳鼻、呼吸器、糖尿病、肝臓疾患など原因は様々です。

しかし、病的口臭の90%は、口腔内に原因があると言われています。

原因は、主にプラーク(歯垢)です。

プラークをきちんと落とす事が出来なければ、歯は虫歯になり、歯茎は炎症を起こします。

虫歯にも、歯茎の炎症(歯周病)にも特有の匂いがあり更に口臭が強まります。

そして、見落としがちなのが『舌』です。

「あっかんべー」と舌を出した時、舌が白い、茶色いといった感じになっていれば

それが『舌苔・ゼッタイ』と呼ばれる汚れです。これにもきちんと臭いがあり、

意外と強く臭っているのです。

これに、内科的な原因で唾液の分泌が少ない『口腔乾燥』などをお持ちであれば

尚の事、歯にプラークがへばりつき、清潔にすることが困難になり口臭へ繋がってしまうのです。

では、どうしたら口臭がなくなるのか??

それは。。。

①『きちんとしたブラッシング』です。

ご自身のお口の中の特徴(歯並びや歯のかぶせ物)を理解し、

それに合わせたブラッシングを行えるようになる事。

忘れずに舌も優しく歯ブラシで擦りましょう。

舌は、一回で綺麗にならなくても、毎日行う事が大切です。肝は『優しく』。

強く擦るとヒリヒリが残ったり、傷が付きます。

②歯周病や虫歯を治す事。

③定期的に歯科医院でのクリーニングを行う事。

効果的にブラッシングする為の、歯ブラシや細かな場所を磨く小器具なども

歯科医院で選ぶことが出来ます。

自分では意外と気づかない、でも周りは気付いている口臭。

しかし、歯科医院で口臭の有無を確認する事は恥ずかしい事ではありません。

しかも、改善する方法まで指導してくれます。

もしや?と思う方は、まずは歯科医院へご相談してみましょう。

嫌なストレスは、早いうちに解決して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ