main_visual
トップ診療科目 > インプラント治療

診療科目

インプラント治療

インプラント治療とは、何らかの原因で歯を失った所に人工歯根(インプラント)を埋め込むことで、かみ合わせの機能と審美性を回復する治療です。
1965年にスウェーデンのブローネマルク教授がオッセオ・インテグレート・インプラントを開発して以来、現在まで世界中で1000万人以上の人が治療を受けています。

◎当院での治療実績

平成9年5月にインプラント治療を開始して以来現在年間100本強、総埋入数は2,000本を越え、その成功率は99%を越えておりますので安心して治療を受けていただけます。

◎従来の治療法との違い

もう一度自然な歯を体感できる治療方法

これまでは一度歯を失うと取り外しの必要のある入れ歯や、歯を削ってかぶせるブリッジでしか対応することができませんでした。
ブリッジの場合のように歯を削る必要もなく、入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになり、取り外しの必要も無いので人前でも口元を気にせず、食事や会話を楽しんで頂けます。

インプラントによる治療 従来の治療法






implant_1

インプラントでは、両隣の歯はそのままで、負担もかかりません。

implant_2

この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。






implant_3

インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。

implant_4

奥歯を固定するために、金属の支えを使用する例。違和感があり、清掃も難しく、見映えも良くありません。








implant_6

インプラントでは、義歯はあごの骨に固定され、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

implant_5

総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。

◎インプラント治療の流れ

no1

診査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

nagare_1
no2

一次手術

あごの骨にインプラントを埋め込みます。

nagare_2
no3

治癒期間

一次手術後、3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

nagare_3
no4

二次手術

歯ぐきを開いて人口の歯を取り付ける準備をします。この状態で歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

nagare_4
no5

人工の歯を作製・装着

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

nagare_5
no6

メンテナンスと定期検診

インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。 ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また3、4ヶ月に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

◎治療にかかる料金

料金は「保険外治療費用」を参照下さい。

インプラント治療のよくある質問を見る
トップへ