main_visual
トップ >お知らせ

お知らせ

7月のお知らせ

2018.07.11

お久しぶりの投稿になります、皆様いかがお過ごしでしょうか?

西日本では記録的な豪雨による被害が広がっており、今もまだ避難、捜索がつづいています。

被害にあわれた方のご無事と、1日でも早い復興を願っております。

 

 

さて、札幌でも雨が続き、あいにくなお天気の日々でどんよりしておりますが、

クリーニングをしてお口の中だけでもリフレッシュしましょう!

8月はお盆休みもあり、7月は定期健診の予約が埋まってきております。

当院のお盆休みは、

8月11日(土)休診

8月12日(日)休診

8月13日(月)お盆休み

8月14日(火)お盆休み

8月15日(水)お盆休み

8月16日(木)診療日(予約日)

となっておりますので、定期健診のご予約はお早めにお願いいたします!

(8月16日木曜日は予約日ですが、急患の方は受け入れております。)

 

『札幌歯科医師会夜間救急センター』

  • 毎日 午後7:00 – 午後11:00(受付開始時間 午後6:30)
  • 電話番号:(011)511-7774

 

洗口液 リステリンについて

2018.03.06

リステリンは『エッセンシャルオイル洗口液とも言われています。

樹皮・根・果皮・果実・種子などから抽出されるエッセンシャルオイルは抗菌性があり

感染予防などに使われています。アロマテラピーなどもその作用を活用していますよね。

実際、芳香性のあるマヌカオイルやティーツリーオイルはミュータンス菌群や歯周病原細菌に

抗菌性を示し口腔粘膜に塗布して口臭予防などのアロマテラピーとして使われれいます。

エッセンシャルオイルを含有する洗口剤の『リステリン』は抗菌性洗口液で

アメリカ歯科医師会及びアメリカ政府食品医薬品局が デンタルプラーク抑制

歯肉炎予防に効果があると承認しているそうです。

短時間で口腔内細菌を殺菌しHIV・ヘルペスウイルス・インフルエンザウイルスを

不活性化し、口腔内細菌の代表格ミュータンス菌殺菌作用を示すことから

デンタルプラークの抑制、歯肉炎予防、短時間での抗菌性がある事は複数の臨床研究で明らかに

なっているようです。矯正中の方やインプラント周囲炎の予防にも有効と評価されています。

今 書かれている事は全て 日本歯科医師会雑誌に掲載されていたものですが

こんなに良いものであれば 使わない手はない!という事で早速買ってきました。

リステリンは種類によって使い方が違います。洗口液と液体歯磨きがあり

洗口液は 歯磨き→リステリンで30秒間ゆすぐ

液体歯磨きは リステリンで30秒間ゆすぐ→歯ブラシ

使用の仕方に注意して下さいね。

私が購入したのは紫色のオーラルケアというものです。これは、ちなみに液体歯磨き。

使用感は、けっこう甘め。アルコールが入っている為か、お口に含みクチュクチュうがいをしている途中から

お口の中全体がビリビリしてきました。結構な刺激です。これは好き嫌いが出るかも・・・

しっかり30秒のゆすいでから 歯ブラシをそのまま突っ込みシャカシャカと歯磨き。

何ともいえぬ爽快感と刺激がお口に残ります。

次から私はお水で少し薄めて使用して行こうと思っています。

次回買う時は アルコールフリーで行こうと思ってますけど。。。

何日も使用を重ねていく事で リステリンの効果は発揮されていきますので

当分 毎日の日課にしようと思っています。

今回はリステリンのお話をしましたが、今後また違う洗口液のお話を

していきたいと考えています。お楽しみに!

洗口液を見直す

2018.02.27

とうとうオリンピックが終わりました。

今年のオリンピックは見ごたえがありましたね~

フィギアスケートも良かったですが、

私は、道産子出身選手の熱い戦いに 何度か涙しました。

オリンピックで泣くなんて・・・涙腺が緩くなっている証拠です(汗)

続いてパラリンピックが始まりますよ~!

パラリンピックでも 日本選手の活躍を期待してます!

さて、最近 私は洗口剤に注目しています。

洗口液と言っても 何種類も作用の違う種類があり、

どこのタイミングで何を選ぶかが大切なのですがドラックストアに

売っている物を見ても何を選んで良いかわかりませんよね?

私は正直、洗口液をあまり意識をした事がありませんでした。

洗口液よりまず歯磨き!それが一番!と思っていました。

基本は、やはり歯ブラシによりプラークを除去する事ですが、

それに洗口液をプラスする事は、薬物療法の一つとして効果のある物だと

感じるようになりました。

歯への作用をきちんと考えて使うと 洗口剤は有効なのだそうです。

しかも、歯周病菌だけでなく口腔内の細菌数を減らすことにより

誤嚥性肺炎肺炎のへの対応のみならず全身の健康維持にも一役かいます。

洗口液の効果は継続的な使用で初めて効果として現れる場合が多いのだそうです。

手軽に入手できオールマイティな洗口剤は、ご存じの方も多い『リステリン』です

次回はこのリステリンについてお話させて頂こうと思います。

トップへ