RESERVATION

ご予約・お問合せ

お電話から

予約サイトから(URLをクリック)

ACCESS

アクセス・診療時間

〒062-0020

札幌市豊平区月寒中央通り8丁目410番地1
リーベンデール月寒中央1F

専用駐車場がございます

東豊線月寒中央駅4番出口より徒歩すぐ

土日祝休診

予約日 ※受付は終了時間の20分前までです。

月・水・金の18:00~18:30は中休みとなっております。

COPYRIGHT月寒中央歯科医院ALL RIGHTS RESERVED. 

私たちは、むし歯や歯周病治療などの一般歯科治療に加え、ホワイトニング等の審美歯科、そして、お口の中の環境を病気になりにくい状態に改善する予防歯科の3つを総合して、皆様のお口の健康をサポートします。特に、予防については、世界に先駆けて予防歯科を実践しているスウェーデンに学び、積極的に実践しています。

予防・治療・審美を総合して、

お口の健康をサポートします

私たちは、患者さんひとりひとりと丁寧な対話を行うことで、患者さん自身のお口の中の状態を把握し、歯の病気を理解していただいた上で治療を行うことを大切にしています。そのときの治療だけでなく、生活習慣等も含め、次のトラブルが発生しないように一緒に考えてゆきたいと思っています。

ひとりひとりの患者さんと
対話を大切にした治療を行います

最新の技術を学ぶために、学会や勉強したい分野のセミナーに参加したり、院内に講師を招いて口腔ケアセミナーを行ったりしています。スタッフは、ベテランから若手までそれぞれが得意分野を確立しています。連携を強化することで、一つの症例に対し分析し、できるだけデメリットを緩和した治療を行える体制を整えています。

スタッフ全員が日々技術を高め、

連携して治療にあたります

私たちは、月寒という地域に根ざして40年、日々向上心を持って歯科治療に誠実に取り組んでまいりました。これからも「安心・安全・誠実」をモットーに、より真面目に、患者さんに向き合う歯科医院でありたいと願っています。

40年の実績と信頼を

これからも

日本顎咬合学会会員、日本口腔インプラント学会会員、札幌市立真栄高校校医、北海道歯科技術専門学校臨床協力医、月寒南小学校校医、さっぽろ若葉幼稚園園医

日本歯科大学新潟歯学部卒業

北海道大学歯学部付属病院歯科補綴学第2講座入局

1994

みかみ歯科 矯正歯科勤務

1997

月寒中央歯科院長に就任。

スウェーデンハルムスタットメディカル&デンタルヘルスセンターにてクリニカルオブザベーションプログラム修了

1999

スウェーデンイエテボリ大学内ブローネマルククリニック
クリニカルトレーニングコース修了

2000

Dr H.Hirooka クリニカルペリオドントロジーコース修了

2002

読書・キャンプ・スキー

趣味

当院では従来のむし歯、歯周病、入れ歯による治療のみならず、予防歯科・インプラント治療・審美歯科・ホワイトニング等の最新の治療まで、患者様の幅広いニーズに対応できます。訪問診療も行っております。通院困難な患者様の自宅・病院・施設に伺い、虫歯治療、入れ歯の作製、調整など、歯科医院とほぼ同様の治療をうけることができます。

治療では、コミュニケーションを大切に、患者さまのお話や訴えを良くお聞きしたうえで、わかりやすい説明をする事を心がけています。出来るだけ、患者さんがなんでも話やすい雰囲気になるよう気をつけていますが、治療用の椅子に座り、歯科医師を相手にすると、緊張や遠慮で本音が充分に伝えられなかった経験はないでしょうか?そんなとき当院では、治療が始まる前や途中、終わったときに、衛生士や受付スタッフ等にご相談ください。みなさんのお悩みごとをしっかり確認し、共通の治療目標を設定、その実現に向けた最適な治療を一緒に探していきましょう!

人の健康・生活にとって「予防」は、欠かせません!特に、小さなお子さんをおもちの親御さんで、お子さんのお口の状態を気にされている方は多いのではないでしょうか?美しく健康な歯は、親から子供へ与える最高のプレゼントの一つだと思います。自分自身4人の子供を持つ親であり、今まさに子供の虫歯予防に取り組んでいる最中です。虫歯に関する正しい知識と、毎日の就寝前の仕上げ磨き、歯科医師、歯科衛生士による定期健診等で、『虫歯ゼロ』を達成する事は充分可能です。もし、お子さんの歯をどう磨いたらいいのか、どんなことに気をつければいいのか等、気になることがあれば、是非、ご相談にいらしてください。お子さんの現在の状態の確認とあわせて、虫歯予防、歯のメンテナンスのポイントをお伝えします。ちなみに歯磨きに対して子供に協力的になってもらうのが難しいと思います。なぜ歯磨きが必要なのかと言うことを繰り返し説明するのも大切ですし、我が家では歯磨きが終わったら肩車とかお馬さんとか何か親と一緒に出来る遊びを約束して、出来るだけ歯磨きが楽しくなるようにしています。どんなに高度な治療であっても、虫歯、歯周病の無い健康な歯より素晴らしいと言うことはありません。

最後に、私たちは地域とみなさまにとって、なくてはならない、あってよかったと思われるような医院をめざしています。医療テクノロジーの進歩がみなさまに還元されるように最新のデジタルデンティストリーを導入したり、予防意識を高め、将来、虫歯・歯周病で苦しむ人々が出来る限り少なくする事が出来るように努めていくことはその一つです。医院に来てくださる患者さん以外にも、より広く地域社会に対して歯の健康に関するメッセージを発信し地域全体の生活の質の向上に貢献するような医院を目指していきたいと考えています。

専門 訪問歯科
日本障害者歯科学会員、日本老年歯科医学会員、北海道障害者歯科医療協力医

明治大学法学部卒業

1997

北海道医療大学歯学部卒業、京都市内にて勤務

2003

札幌市内にて分院長として勤務

2007

仕事、蕎麦打ち、子供と遊ぶこと。休みの日でも、気がつくと対応の難しい患者さんの治療計画を頭の中で立てていたりします。

趣味

患者様とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くことで、一生涯に渡りお口の健康を保っていくお手伝いをさせて頂けるパートナーになれるよう努めています。以前、歯がしみるという訴えで虫歯を心配し来院された女性がいたのですが、口腔内は非常にきれいで虫歯もありませんでした。まず、その事をお伝えし、更に深く様々なお話を伺った所、少しプライベートな事柄をお話して頂けました。最終的にしみる原因は、会社での人間関係のストレスから、最近はじまった歯ぎしりとわかり、歯ぎしり防止用のマウスピースを装着することで症状が改善されましたが、このようにしっかりとコミュニケーションをとることで、最適な治療を行うことができます。

まだまだ知られていませんが、当院では歯科医が自宅に来て治療をする訪問診療にも力をいれています。実際に寝たきりの御家族がいて治療を諦めていたご家庭のところに伺い治療を行い、大変喜んで頂いた事がありました。認知症の患者様で、御家族も口腔内の清掃が難しかったのですが、数本しかない歯の一本が、かなり動いていました。御家族は、審美的な問題も考慮して抜かないでほしいとのご希望でした。ただ、ご本人の様子を拝見していると、動くたびに痛そうで、いざそこに触ると暴れ出す状態でした。そこで理由をご説明した後、意を決して抜かせてもらいました。すると食欲は以前よりも増し、意識もはっきりしている時間も増えました。たった一本の歯を抜いただけなのですが、実は、痛くて食べづらく、食欲が落ちていたのです。

審美歯科についても、お口に自信が持てるようになることで性格まで変わる事もあります。若い女性の患者さまの話です。ご自身の歯の色にコンプレックスがあり、人前で笑ったり積極的に会話したりすることが苦手だとおっしゃっていましたが、ホワイトニングによって歯が白くなり、自分の歯に対して自信が持てるようになると、性格も明るくなり、自分から会話を楽しむことができるようになったそうです。当院で行った治療は、その原因を探し取りのぞいたという事だけですが、その行為一つで体の調子や、意識までも変わることがあります。御家族、ご本人から喜んで頂けたことは、いまでも励みになっています。

最後に、現在では歯周病が認知症・肺炎・糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞などの全身疾患と深く関わっている事が分かっています。お口を健康に保つことによりそれらの疾患の予防、改善が期待できますので、一人でも多くの患者さまの健康と健口を守る、地域にとって必要不可欠な医院となれるよう努めていきたいと思います。